消費者金融系と銀行系のカードローンの違いについて

同じカードローンでも『消費者金融系』や『銀行系』と言ってたように名称が異なるカードローンがあります。基本的には審査やキャッシングの方法は大差はありません。何が違うかというと一つは金利です。銀行系のカードローンの方が同じ金額を借りたとすればほとんどの場合金利が低く設定されおります。なので返済時は銀行系のカードローンの方が負担が減ります。

2つ目は銀行系のカードローンは借り入れ時、年収による制限が設けられていないというところです。消費者金融ですと年収の3分の1以上の借り入れができないように総量規制法という法律で定められておりますが、銀行系はその法律の適用外で年収による制限がなく借り入れをすることができます。

このようにカードローンにもさまざま特徴がありますので、申し込む際は参考にしてみてください。

消費者金融系と銀行系のカードローンの違いについて
トップへ戻る