消費者金融のキャッシングには総量規制が適用されます

消費者金融などの金融機関から提供されているキャッシングに申し込みをすると幾らまで借りることができるのでしょうか。これはかなり気になるところなのではないでしょうか。常識的に考えて幾らでも借りられるというのはあり得ないでしょう。借りられる金額の上限は決まっていると考えるのが普通です。そこで、例として消費者金融のキャッシングで幾らまで借りられるのか調べてみました。

調べてみたところ、消費者金融のキャッシングには総量規制という決まりのあることが判りました。総量規制というのは、キャッシングで借りられる金額を決定する決まり事です。総量規制は貸金業法という法律らより決められた公の決まり事なので守らなければなりません。

総量規制という決まり事で私たちは消費者金融のキャッシングでは年収の3分の1までしか借りることができないのです。年収が300万円の方は100万円まで借りられるということになります。総量規制は消費者金融一社ごとではなく複数にまたがって適用されるので、年収が300万円の方が消費者金融から既に50万円の借り入れをしている場合、新しい消費者金融から50万円が借り入れ可能な上限となります。

消費者金融のキャッシングでは借り入れ額に上限があり、それは総量規制という決まり事で年収の3分の1までだということを覚えておくといいでしょう。

消費者金融のキャッシングには総量規制が適用されます
トップへ戻る