専業主婦でもキャッシングに申し込む方法とは

キャッシングを申し込む時には、安定した収入があることが条件になります。

しかし主婦の場合、キャッシングに申し込めないのではと心配する人もいるでしょう。

主婦の人でも、毎月安定した収入があれば、どのキャッシングにも申込みができます。

正社員ではなく、パートやアルバイト、内職でも構わないのです。

但し、審査に通るかどうかは別問題で、収入が足りない、その他の条件が不利な場合には審査に落ちる可能性があります。

また、消費者金融では年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の対象となるので、主婦には不利になります。

専業主婦で収入が全くない人でもキャッシングに申し込める可能性があります。

その方法は以下の2つになります。

・配偶者貸付

配偶者貸付は、夫婦の年収を合算してその金額の3分の1まで借入れができるというシステムです。

夫婦であり、夫の収入が安定している場合に申し込みが可能です。

夫の同意書と収入証明書が必要となります。

・銀行ローン

消費者金融でキャッシングに申し込もうと思うと、総量規制の問題があります。

そこで総量規制の対象外である銀行のローンという方法があります。

専業主婦でも審査に通ればキャッシングが可能です。

但し、こちらも夫に安定した収入があることが条件になります。

主婦がキャッシングをしたいと思ったら、夫に安定した収入があれば可能です。

但し夫に内緒でキャッシングをする場合には、カードの存在を知られないなどバレない工夫が必要となります。

専業主婦でもキャッシングに申し込む方法とは
トップへ戻る