キャッシングの本人確認関係について

本人確認関係、といいましたが、キャッシングには本人確認という項目で2つの意味があります。
まずは本人確認書類についてです。

キャッシング会社との契約時に提出しなければいけない本人確認書類は、運転免許証さえあればほとんどのキャッシング会社で事足ります。
しかし、運転免許証を持っていないという場合は他の確認種類として会社毎に違うものを提出しろと言われる場合もあります。
免許証の次に各会社で扱う書類として、健康保険証とパスポートがあります。

この2つのどちらかは日本人で日本に在住していれば手元にあると思いますが、この2つの書類も用意できない事情があるとなると、住民基本台帳カードであったりその他の公的証明書が利用できるキャッシング会社もありますから、会社が受け入れている確認書類と自身が用意できる書類を調べて利用するといいでしょう。

もう一つ、本人確認として行われるのが電話での確認作業です。
契約者が一般的な会社勤めならばキャッシング会社が契約者の勤め先の会社に電話することで本当に契約時の申請に仕事先の間違いがないか、嘘の申告をしていないかということを確認します。

自営業者ならば自営業を行っている事務所や自宅への電話があるというわけです。
主に在籍確認といわれる作業ですが、本人確認という作業名言い換えてもいいでしょう。

書類に不備がなくても、在籍確認での本人確認が一番のハードルだという方も多いはずです。
キャッシング会社もそこのところはしっかりと配慮しており、キャッシング会社であることは一切伝えず、担当者の個人名で名乗って契約者が在籍しているかを照会する手法をとるので、会社に借金することがバレてしまうなど、あまり深く考える必要はないはずです。

キャッシングの本人確認関係について
トップへ戻る